スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年ロマンでお念仏体験

豊前善光寺千年ロマン ブログ用

豊前善光寺ブログ用こっち

ブログのアップが
大変遅くなりましたが、
6月1日に「千年ロマン時空博」
というイベントで

宇佐市の豊前善光寺にて
『本堂で初めてのお念仏』という
おもてなしプランに参加しました。

この日は雨が降っていましたが
雨の中のお寺も情緒があっていいものですね。


重要文化財の本堂の中で
阿弥陀様に向き合い、木魚を叩き、
ただひたすらにお念仏を唱える。

こんな素晴らしい体験が
家から近いお寺で出来るのですから
行ってみない手はありません。

お念仏は

「南無阿弥陀仏」
ーむーみーぶ」

「な」「あ」「だ」
で木魚を叩きます。

少し練習をしてから
いよいよ本堂へ・・・

本堂の中は真っ暗で
段差につまづいて「きゃあっ!」と
声をあげてしまいました。

普段からリアクションが大きいので
振り返られることがよくありますが、
とにかく真っ暗闇で何も見えないので
他の人たちも転んだりしないように必死です。

中へ進んでいくと
私は運よく
阿弥陀様の描いてある絵の真ん前に
座ることが出来ました。

阿弥陀様が
一本の蝋燭の炎で照らされています。

「なーむあーみだーぶ」
と唱えながら
木魚を全員で叩きます。

ただひたすらに。

 
一度目は15分、二度目は30分
お念仏を唱えました。


阿弥陀様を見つめて
お念仏を唱えながら
木魚を叩いていると
30分があっという間に経ちました。

声を出しているので
余計なことを考えている暇がありません。

たまに休みながら
大きな声でお念仏を唱え続けました。

阿弥陀様を
じっと見つめていると
表情が少し変わったようにも
感じました。

どんな自分でも
まるごと受け容れてくれる。

そんな無条件の愛を感じました。



お念仏とお念仏のあいだに
お茶室で
お抹茶と手作りのお菓子を
美味しくいただきました。



最後に女性の副住職さんが
「このメンバーが集まって
 お念仏を唱えることは
 もう二度とないと思いますが、
 一期一会に感謝します。」
と涙ぐみながらおっしゃってくださいました。

副住職さんの純粋さに心がうたれて
私も泣いてしまいました。


素晴らしい体験をさせていただき
どうもありがとうございました。

機会がありましたら
また参加したいです。









不思議な一日

IMG_0208 - コピー

昨日は、
来月場所をお借りして
一日セッションをする 
夢ハウス おかりや さんへ
行ってきました。

長居をする予定ではなかったのですが
お昼ごはんを食べ損なって
お腹がぺこぺこだったので、
お店に売っている
『ベーカリーカツキ』
のパンを買って、
カウンターでいただきました。

おかりやさんでは、
オーナーの幸子さんが
ゆっくりできるお客さんには
コーヒーを出してくれます。

昨日はお客さんがカウンターで
おしゃべりを楽しんでいました。

私もお邪魔させていただくと
カウンターに座っていらしたのは
ビーズ手芸講師さんと
プリザーブドフラワーの講師さんでした。

幸子さんが6月7日のセッションの
宣伝をしてくれたおかげで、
なんとお二人が
ボイジャータロットカードと
クリスタルボウルの両方を予約してくださいました!

あとから来られた、近くでマッサージをしている方も
両方のセッションを
予約してくださいました!


お店で出会った3人が
予約してくださったので、
前から予約していただいている
お客さまを含めて
ほとんど予約が埋まりました。

残りの枠は
11:30から12:00です。


予約があまり入っていなかったので
ちょっと心配していましたが、
予想外のことが起きて
本当にびっくりしています。

これも素敵なお店
『おかりや』さんのおかげです。

オーナーの幸子さん、
本当にありがとうございました!


当日みなさまにお会いするのを
楽しみにしています。


息子の甘え泣き

昨日の夜、
5歳の次男が
パパに怒られて大泣きをしました。


最近忙しくて
子どもと正面から
向き合っていなかったので、
今日は思いっきり
子どもを受け止めてあげようと思いました。

泣き止んで
今度は怒っている
子どもを抱っこすると、
「いやだー!」と言って
私の腕から逃げようともがきます。

暴れる子どもをなだめながら、
でも子どもが逃げないように
何とか抱っこします。

しばらくすると
怒って顔を真っ赤にして
私の腕から逃げようと
暴れていた子どもが、
「えーん、えーん」と
高いかわいい声で泣き始めました。

「よーし、いいぞ~」
と思って子どもに

「よしよし、
 いっぱい泣いていいよ」
と声をかけました。

小学3年生の長男も一緒になって、
弟が感情を発散するのを
見守ってくれます。

私に抱っこされて
足だけを
お兄ちゃんの足の上にのせたり、
「てんがいいー」と言って
お兄ちゃんに
抱っこをしてもらったり。


パパは怒って
他の部屋に行ってしまったので、
私と長男で
次男が泣くのを見守ります。

「いろいろ言いたいことが
 たまってるみたいだから
 今日はたくさん
 泣かせてあげようね」
と長男に声をかけました。


「えーん、えーん」

少し泣き止んでまた

「えーん、えーん」

次男は
安心したように泣いていました。


そして夜寝る前に
次男は私に言いました。

「明日も抱っこして泣きたい」

「いいよ」


今日も夜に
またパパとケンカして大泣き。

でも今日は
長男の紅白帽子に
ハチマキを縫い付けるのを
まだしていなかったので、
少ししか
抱っこしてあげられませんでした。

ごめんね、
明日またいっぱい抱っこしようね。










泣くことは

私は泣き虫です。


昔から本当によく泣いています。

夜に泣きすぎて、
翌日は目が腫れて
とんでもないことになっている
というのはよくあります。


自分がよく泣くせいでしょうか。

電車の中で泣いている人を
今までに2人見たことがあります。

最初に見たのは、
20代の女性でした。

もう一人は
アナウンサーの
露木茂さんにそっくりな、
眼鏡をかけた
50代前半の男性でした。

露木さん似の方は、
電車のボックス席の
窓際に座っていました。

私は同じボックス席の
斜め前に座っていました。

ふと見ると、
その人の目から涙がひとすじ
こぼれ落ちていました。


私は胸が締め付けられるような
感じがしました。

この人はどんな悲しいことが
あったんだろう。

仕事のことだろうか、
家庭のことだろうか、
誰か大切な人を
亡くしてしまったんだろうか・・・・・


私も電車の中で堪えきれずに
よく泣いていたので、
気持ちがわかるような気がしました。


電車の中で
思わず涙があふれてしまうような、
そんな感情を抱えながら
毎日を生きている・・・

目の前にいるその人を
とても愛おしく感じました。



私は喜怒哀楽が激しくて
子どものようなところがあります。

ところかまわずに泣いてしまうことが
よくあります。


前はそんな自分が
恥ずかしかったけれど、
今は悲しみや喜びを
涙で表現できる自分は
けっこう好きです。

私の大好きな鍼灸師さんは、

「泣けるのはリンコさんの強みです」

と言ってくださいました。

欠点だと思っていたことが
強みだったなんて、
ありがたいお言葉をいただきました。


これからも笑って泣いて怒って、
自分の感情をあふれさせて
生きていきたいです。


書くチャネリング

書くチャネリング


「動く瞑想」の
記事のつづきです。

「動く瞑想」をしたあと
なんだか無性に字が書きたくなり、
ノートに感じたことを書きました。

しばらく書いていると、
勝手に手が動いて
文字を書き始めました。

かなりのスピードで
文字を書いています。
自分が思考する前に
手が先に動くのです。

書いている内容は
いつもの自分の口調だし、

自動書記のように
何か別の存在が自分に降りてきて
書いているわけではありません。

これは
ハイヤーセルフ(高次の自己)が
書いているのかな?
と思いました。


ハイヤーセルフが
書いたと思われる文の抜粋です。



あわてずゆっくりと毎日を送ろう

「いまここ」を
十分に味わって生きよう

体の声をじっくり聞くこと

ゆっくりとていねいに何かをすること

本当に必要なものだけを残して
あとは全部捨ててしまおう

自分に
最高の素敵なものを与えよう

体の声、心の声に
いつも耳をすませること


つらいことがたくさんあったけど

自分にとって
必要なプロセスだったんだ

物事は「いい」「悪い」じゃない

ただそれを見つめればいい

たくさん苦しんでもがき続けてきたけど
人生が本当に素晴らしいものだと
腑におちて実感できた

本を読んでも
表面的にしかわかっていなかった



生きててよかった!!

死ななくてよかった!!

こんな新しい世界が待っていたなんて
想像できなかった

生きてるって素晴らしい

生きてるだけで奇跡だ

いつでもどんな自分でも
大丈夫なんだ

人にどう思われるかなんて
気にする必要はないんだ

自分の魂の声を聞いて
それを行動に移せばいいだけ

簡単なことなんだ

今この瞬間を感じて
何にでも心をこめてやること


やりたいことは
どんどんやっていいんだ

もっと自由に
羽ばたいていいんだ

過去や未来を心配する必要なんてないんだ

静かに自分の行動を観察すれば
どんどん意識がひらいていく


どんどんどんどん
わたしは体の中から抜け出して
大きくなって広がって

楽しくて
気持ちよくて
大好きで
世界が愛おしくて
すべてのものが愛おしくなる

わたしはただゆっくりと生きればいい
一瞬一瞬を愛おしんで

いま目の前のことに集中する

わたしはわたしの道を
行けばいいんだ

「いまここ」をじっくりと感じて
生きればいいんだ


未完成な自分でいい

どんな自分でも
この世にたったひとりの自分


この瞬間を
ただ感じて感じて

何も必死になって手に入れようと
もがいて苦しくなる必要なんてないんだ

あるがままでいいんだ


ああーー
幸せだーーーーー!!

ありがとう!!

たくさんありがとう

いつもありがとう

そばにいてくれてありがとう

出会ってくれてありがとう

友達になってくれてありがとう

優しくしてくれてありがとう


ありがとう!!

本当にありがとう

宇宙よ

神よ

太陽よ

星よ

月よ

ありがとう

そこにいてくれてありがとう





プロフィール

リンコ

Author:リンコ
2012年の3月に、家族で千葉から大分へ移住してきました。

クリスタルボウルという水晶でできた楽器で、演奏やヒーリングをしています。

クリスタルボウルの音色を通じて、たくさんの方たちとコミュニケーションができたらいいなと思います。

お知らせ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。